スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [Unity]Unity Sprites And Bones - 2D skeleton animation のチュートリアル1の簡易解説

    Unity2DでボーンアニメーションとIKが使えるととても便利なので使っていきたい。どうにかして翻訳&使えるようにしよう

    まずここにツールのUnityフォーラムがあり、そこでUnityPackageをDL出来る
    そしてUnityPackageを開いてインポートする

    とりあえず、チュートリアル動画の1の内容を簡単に説明する

    まず、GameObjectからSkeltonを選ぶ
    するとその子にBoneがある

    こんなの
    これがボーン?

    最初は半透明だが、選択すると色がつくので辛うじてボーンだと分かる

    このボーンは先端の田の字の様な場所をドラッグすることで動かせる↓

    ボーン動かせる

    動かしたあとは、インスペクタのSpriteの方からAddChiledを選ぶと先に子を作れる

    子供を作る

    また、Splitを押すと、1つのボーンを2つに分解することも出来る


    次に、ヘルパーを設定しよう、何のヘルパーなんだろうね?
    このヘルパーはGameObjectから作成して、Skeltonの子に設定して、なおかつボーンの先端に配置する
    大きさは小さめにした方が良いらしい

    ヘルパーの設定

    次に、先端のボーンを選んでスクリプトからAddIKを選ぶ
    このときエラーが表示されるが、これは Target - None だからだ
    そして、このターゲットにするのが、先のヘルパーだ
    ドラッグしてTargetに入れよう

    IKにヘルパーを設定


    その後、Skeletonを選んでTabキーを押すとボーンの色が青くなって「アニメーションモード」になるらしい
    (私は何回も選択→Tabでようやくなった)
    ここで先のIK(=ヘルパー)を移動させると、それらしい挙動を取れるようになる

    以上でチュートリアル1の内容は終わりかな

    注意として、Ctrl+Zでやり直しをすると、構造が破壊されて復帰不可能になることが起こったりもするので、UnDoは非推奨かも

    ところで、このボーンに対応させてSpriteを子に設定すれば
    動くんじゃないかと思ってやってみた

    腕IK出来た

    結果は見ての通り、腕をIKで動かすことが出来た
    正直自分はこの程度のIKが使えれば十分なので、とりあえず解説はここで終わり
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    秋歩

    Author:秋歩
    飽きやすくて色々手を出す残念素人です

    アクセスカウンター
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。